中古マンション購入や不動産売買をする時の住宅バイブル!

不動産

エコポイントの活用

住宅エコポイント制度の概要

マンション

消費税増税後の住宅需要の減少に対する対策として「省エネ住宅ポイント」(いわゆる住宅エコポイント)制度が2015年2月3日から施工されました。エコポイントは1ポイント1円で換算されます。2014年の補正予算で805億円、2015年の予算で100億円計上されるので905億円分の住宅エコポイントが利用者に付与されることになります。制度運用はこれで3度目で一度目は鳩山内閣の時の経済刺激策として二度目は野田内閣の時の震災後の景気刺激策として行われています。従来の制度と異なる点は完成済み住宅の購入に適用されること、中古住宅のエコリフォームにも適用されること、そして、既存の住宅に太陽光、窓などの断熱処理、高効率な給湯器、高断熱浴槽、節水型トイレ、節湯水栓のどれか3種類を設置した場合も住宅エコポイントの付与対象になることです。

サービス利用の手続き方法

では住宅エコポイント制度のサービス利用方法はどのようになっているのでしょうか。まずポイントの上限は30万ポイントになっています。申請方法は住宅エコポイントのホームページから申請書類をダウンロードします。そのうえで必要事項を記入し、省エネ住宅事務局に郵送するか、直接持参し、手続きをします。郵送でもかまわないのですが、事務局の窓口に行ったほうが記入方法などをアドバイスしてもらえるので便利かもしれません。また住宅エコポイントを即時に付与してもらいたい場合は窓口持参が必須になります。付与された住宅エコポイントは省エネに関する商品、地域振興券などの商品券、あるいは全国共通の商品券やプリペイドカードと交換することができます。