中古マンション購入や不動産売買をする時の住宅バイブル!

不動産

物件を査定してもらう

不動産査定サービスの利用方法

不動産

不動産査定サービスは、保有している不動産がどれぐらいの市場価値を持っているかという評価額の試算を行ってくれるサービスです。不動産査定者は不動産市場の状況や直近の売買事例等を参考に、不動産価格を概算し、サービス利用者に伝えます。不動産査定サービスの利用方法は大きく2つあります。一つ目の方法は、不動産の鑑定評価を専門に行っている不動産鑑定士の人に不動産査定を依頼するという方法です。不動産鑑定士への依頼は有料という場合が多いですが、中立の立場から客観的に評価を行ってくれるというのが特徴です。二つ目の方法は、不動産売買の仲介を行っている不動産会社に依頼する方法です。こちらは無料で利用できるケースが殆どですが、専門の資格を持っていない査定者も多いので査定する人によって評価に差が出やすいという傾向があります。

査定サービスが人気の理由

不動産査定サービスが人気の理由は、実際に不動産の売買を行う前に保有不動産がどれぐらいの価格で売れそうかという目安を持つ事が出来るという点にあります。多くの人は金融や不動産のプロではないので、保有不動産がどれぐらいの価値を持っているのかを的確に把握していません。この点、保有物件の相場が分からないと、実際に不動産が持っている価格よりも不当に安い価格で売却してしまう可能性もありますが、事前に不動産の専門家に大体の評価額を聞いておけば、買い手からの提示額が高いのか安いのかという判断が付けやすくなります。不動産の売買は非常に大きな金額であり、下手をすると大きな損失を被るリスクがあるため、こうしたリスクを回避するために査定サービスを利用する人が増えているのです。